サイト運用から顧客体験管理までCXM・CMSのHeartCoreシリーズ

導入事例

パーソルキャリア株式会社様

パーソルキャリア株式会社ロゴ

『柔軟性とコストパフォーマンスでHeartCoreを選びました』

パーソルキャリア株式会社(旧社名:株式会社インテリジェンス)様は、パーソルグループの「リクルーティングセグメント」中核会社として、転職サービス「DODA」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。HeartCore導入と運用のご担当者様、キャリアディビジョン マーケティング企画統括部 サイトプロデュースグループ 山入端啓様、派遣ディビジョン 事業統括部 募集企画グループ 高木宏美様、BI本部 キャリアBITA部 基幹プロジェクトグループ 渡辺邦弘様にお話を伺いました。

山入端様

キャリアディビジョン
マーケティング企画統括部
サイトプロデュースグループ
山入端啓様

高木宏美様

派遣ディビジョン
事業統括部
募集企画グループ
高木宏美様

渡辺邦弘様

BI本部
キャリアBITA部
基幹プロジェクトグループ
渡辺邦弘様

  

「基幹システムと切り離して自由にWebサイトを運営したかったのです」

CMSを導入した経緯・HeartCoreとの出会い

-- 現在、インテリジェンス様は転職サービスのWebサイト「DODA」をHeratCoreで運用されていらっしゃいますが、HeartCoreを導入された経緯を教えてください。

高木様:それまで、使用していたシステムはディビジョンの基幹システムと一体化していました。
基幹業務の受注登録や求人原稿制作、メルマガなどと同じ基盤で運用しており、Webサイトも求人原稿掲載のタイミングとあわせたバッチ処理でのデータ更新とアップロードを行っていました。
基幹システムの承認フローに則る必要があったので、どうしても柔軟な運用が出来ていませんでした。これをなんとか改善してタイムリーにコンテンツを更新したいという強い想いがありました。

山入端様:他社から転職してきた社員からも改善の要望がありましたね。
昨今は転職求人の分野でもWebサイトが重要なツールになっています。
マーケティングの観点から“オウンド・メディアの強化”は必須で、ユーザーとの関係性をより深くしていくことが求められています。
その為には、的確なタイミングで柔軟にコントロール出来るシステムが必要だったのです。

HeartCore導入前図HeartCore導入後図

「CMS導入はWeb担当者の悲願でした」

他社CMSとの比較で

-- 導入にあたっては、他のCMSと十分な比較検討をされたとお伺いしております。HeartCoreを選ばれたポイントはどこでしょうか?

高木様:他ベンダーを含め3製品での比較検討を行いましたが、最終的には動的なCMSという観点での検討となり、HeartCoreを選びました。選定の理由はHeartCoreは制作者にとって自由度が高く柔軟な運用が可能である、という点でした。
HeartCoreが持つ@(アットマーク)関数を使用してカスタマイズが出来る点を評価しました。HeartCoreは使えば使う程、その強みを発揮出来そうでした。さらに他のCMSと違い、デザイン変更時にHTML・CSSのみが必要で、特別なプログラミングが一切不要な点でコストパフォーマンスが高かったです。
また、バージョンアップをきめ細かく行っている点や、動的なCMSがもたらすSEO効果に対するプラスアルファの期待もありました。

渡辺様:全社システムでのROIを考えた場合、基幹システム運用の工数を圧迫しないためにWebサイトの運用は切り離して独立させたかったです。
もう一つ、大きなポイントになったのはコスト面ですね。HeartCoreはオープンソースのデータベースやアプリケーションサーバ、言語に対応している事もあって、コストパフォーマンスが良かったのです。

高木様:CMSを導入して運用しやすく、というのはWeb担当者の数年前からの強い要望でした。
社内でもWebサイトの重要性は認識されていましたが、間接費用という事でなかなか実現出来ず、プロジェクトを担当して導入にまで至った事は、正に「悲願達成!」という気持ちでした。

  

「当たり前の事が、当たり前に出来るようになりました」

HeartCoreがもたらす効果

-- HeartCoreを運用されたご感想をお聞かせください。操作性やSEO効果など如何ですか?

高木様:導入を進める過程で、初期の構想よりも多くのページを扱えると判断し、対応するカテゴリやページ数を増やしました。

山入端様:基幹システムとWebサイトを分離し構成を見直したので、自由に更新できる様になりました。
当たり前の事が、当たり前に出来るようになったという気持ちです。
CMSの利点として、同じキーワードの一括置換や、公開のタイミングをスケジューリング出来るなど基本的な機能でも大変便利です。運用面では、業務が分散されて全体の負荷が減少しました。
以前はコンテンツを作成する担当者が10数名、それをデザインしてHTML化する担当者が3名と完全分業制でした。誤字を1文字修正するのもHTML担当者に依頼していましたが、今はコンテンツ担当者がすぐ対応出来ます。
HTMLの専門知識がなくてもどんどんwebコンテンツを作成し、公開まで行えます。その為には適切な運用ルールの設定や公開後の確認作業も行っています。

渡辺様:転職サイトという性質上、個人情報を多く取り扱うので、データベースのセキュリティは大変重要です。
Webサイトと基幹システムの運用を分離した事で、より双方が安全に扱える様になりました。

  

「企業戦略に基づくWebサイトづくりをしていきたい」

進化し続けるWebサイトの為に

-- 今後のご予定を教えてください。

山入端様:DODAの成長戦略に基づいて、時流に沿った柔軟な展開をして行きたいと計画しています。
転職を希望されるユーザーに対し、最適な情報をタイムリーにご提供でき、“使える”サイトを目指しています。
現在でもDODAのWebサイト上では、エントリーの際に詳細までヒアリングすることで、ユーザーにとってマッチした情報をご提供するよう改善を繰り返していますし、Webサイトの機能・コンテンツを充実させることで、顧客満足度を高めたいと考えています。
転職をすぐにご希望されない方であっても、はたらく事、キャリアについてのヒントになるようなコンテンツを更新して行き、ファンを増やしたいです。
その為にはマルチデバイス対応や、コンテンツをより的確に表現出来るWebデザインのテンプレート化を進めて行きます。
やりたいことがやりたいときにすぐ出来るので、Webマーケティングとコンテンツの連動もしやすくなりました。これからもっとHeartCoreを発展させ、DODAの成長エンジンの一つとして活用していきたいです。

渡辺様:HeartCoreはマルチドメインでの運用が可能ですので、今後は「DODA」だけでなく、他のメディアや部署にも広げていけるでしょう。

  
【企業情報】
正式名称 パーソルキャリア株式会社
本社所在地 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
代表者 代表取締役社長 峯尾 太郎
創業 1989年6月
資本金 1,127百万円
事業内容 正社員領域・アルバイト・パート領域の求人メディアの運営、人材紹介サービス、新卒採用支援、教育研修サービス、組織・人事コンサルティングサービス、システムインテグレーションサービスなど
従業員数 4,321名(有期社員含む、2017年3月時点)
※取材日時 2013年4月
※記載の担当部署は、取材時の組織名です。
※2017年7月1日、株式会社インテリジェンスはパーソルキャリア株式会社に社名変更しました。

当ページはPDFでもご覧いただけます。こちら

ENGLISH

コンテンツメニュー

03-6409-6966