サイト運用から顧客体験管理までCXM・CMSのHeartCoreシリーズ

イベント・セミナー

2017.09.1(金)
セミナー 終了

「プレミアムセミナー:モバイルファースト・カスタマーファースト・AIファースト -勝つサイト負けるサイト-」

「デジタルマーケティング」を実現する3つのキーワード「モバイルファースト・カスタマーファースト・AIファースト」とは。
営業ツールとしてのWebサイトはどうすれば構築・運用できるのか。
御社のWebサイトを「勝つサイト」にする為には?
ユニ・チャーム様の最新事例を実現した株式会社DNPコミュニケーションデザイン様をお迎えし、様々な角度からお伝えいたします。

日時:
2017年9月1日(金)14:00~17:00(開場:13:30)
場所:
ジゾンセミナールーム ※新オフィスでの開催になります。お間違えの無い様にお越しください。
主催:
株式会社ジゾン
参加:
無料、定員30名(事前登録制)

<対象>
Webリニューアルをご検討中の企業様、デジタルマーケティングを実現したい企業様

※本セミナーの内容は、6月29日に開催した同名セミナーと同じです。

セミナースケジュール

時間 内容
14:00-14:40

第1部: 勝つ為のサイトリニューアル実践

デジタルマーケティングが劇的な進化を遂げたことにより抜本的なウェブサイトの改善が求められていますが、具体的にどんなサイトを構築すればよいのか悩んでいるWebマーケティング担当者様が多いようです。国内No.1の実績を誇るCMS HeartCoreの導入企業が、どのようにWebサイトを構築しているか、事例を交えて一歩先ゆくリニューアルを実施するための必勝メソッドをご紹介します。

株式会社ジゾン
営業部 営業企画部
部長 宮本 海

14:40-14:50 休憩
14:50-15:50

第2部: 勝つ為の3つの「ファースト」前編 / 勝つ為の3つの「ファースト」後編

デジタルマーケティングという言葉がバズワード化してから久しいですが、時代は更に進んでAIによる顧客体験の最適化が最先端技術として求められ始めました。
「目的」を持って訪れてくださった「お客様」に対して、企業がWebサイトを利用して提供できる本当の「価値」を見出すためには、どのようにWebサイト構築に取り組むべきなのか…。
・モバイルファースト
・カスタマーファースト
・AIファースト
の3つの観点から超高速PDCAサイクルの構築方法をご紹介します。

株式会社ジゾン

15:50-16:00 休憩
16:00-16:30

第3部: ユニ・チャーム様「育児支援サイトベビータウン・プレママタウン」HeartCore導入実績のご紹介

ユニ・チャーム様が運営する育児支援サイトベビータウン・プレママタウンは プレママ、育児中のママに寄り添うサイトです。
子供の月齢や成長に従ってパーソナライズを行い、コンテンツを出し分けることで、 サイトへの集客を長いスパンで実現しています。
2001年に開設、2017年4月にリニューアルオープンしたこのサイトの「顧客体験」をお伝え致します。

株式会社DNPコミュニケーションデザイン
東京第3企画本部 第1プロデュース部 第2課
八木 勇太 氏

16:30-17:00 相談コーナー

会場のご案内

会場 ジゾンセミナールーム 
https://www.xyxon.co.jp/corporate/map.html
所在地 〒141-0022
東京都品川区東五反田1-2-33 白雉子ビル3F
交通 ・JR山手線「五反田」駅「東口」から徒歩6分
・都営浅草線「五反田」駅「A6出口」から徒歩5分
・都営浅草線「高輪台」駅「A1出口」から徒歩7分

お申し込み方法

下記お申込みフォームより、必要事項をご記入の上お申込みください。尚、セミナー当日はお名刺をお持ちください。

受付は終了しました

お問合せ先

株式会社ジゾン セミナー事務局

電話 : 03-3493-5160
E-Mail : mktg@xyxon.co.jp
  • ※ 同業の方の受講をご遠慮いただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • ※ 本セミナーにてお預かりするお客様の氏名・住所等の個人に関する情報は、共催企業に提供します。本セミナーでご紹介する商品またはサービスのご案内と当社および共催企業が主催・共催・協賛、もしくは出展するセミナーや展示会等のイベントのご案内のため、当社の商品情報やキャンペーン情報などの宣伝物のご提供のためなど、当社および共催企業からの情報提供を行うために利用します。また、本セミナー開催会場の入館管理のために必要な情報を利用するなど、セミナー開催に関する範囲内で情報を利用します。その他、ほかの目的に利用したり、ほかに提供・開示することは一切ありません。

ENGLISH

コンテンツメニュー

03-6409-6966