サイト運用から顧客体験管理までCXM・CMSのHeartCoreシリーズ

アドバンスト機能

KnowledgeTreeの先進機能

厳重なセキュリティ

ユーザを作成し、ビジネスユニットやグループへ割り当て、フォルダや商品機能へのアクセス許可を与えます。また、ドキュメントワークフローにそれぞれ役割を作成することも可能です。LDAPやMicrosoft® Active Directoryサーバーを使って、レポジトリへのアクセスを制御します。KnowledgeTreeユーザグループメンバーをActive Directoryと同期させます。サーバーへの接続はすべてSSLで暗号化されます。SAMLベースのシングルサインオンであるOneLoginとの統合を通じて、ユーザパスワードを管理します。

ドキュメント追跡と電子署名

ドキュメントのバージョントランザクションやダウンロード、Eメールやプロパティ変更など、すべての行為に関する追跡記録を閲覧できます。修正に対するユーザのコメントを追跡記録内で表示させることも可能です。電子署名の規制コンプライアンスイニシアティブにも対応しており、これが有効の場合、ドキュメントの変更につながる作業にはすべて再認証をユーザへ要求します。

スキャニングとキャプチャ

Knowledge TreeのHot Foldersは、スキャナやFax、その他サードパーティ製のアプリケーションを使ってドキュメントレポジトリを追加することを可能にします。フォームやバーコード、OCR’d コンテンツを含むドキュメントを追加するには、Kofax® Capture やCAPSYS Capture などの最高水準キャプチャ技術を用います。資源節約とビジネスプロセスの効率化に繋がります。

設定とブランディング

自身の会社ブランド等を使って、Knowledge Treeユーザインターフェースをカスタマイズすることができます。よってユーザはカスタマイズ可能なダッシュボードにて、サブスクリプションや通知、チェックアウトドキュメント、並びに外部リソースなどへのクイックリンクを表示するよう選択が可能になります。

統合と相互運用

RESTやSOAP Web Service APIを使ってKnowledge Treeを統合します。Hot Foldersを通じてドキュメントスキャニング技術でレポジトリへ接続します。また、Knowledge TreeのOpen Searchインターフェースを使って検索を集約することが可能です。

KnowledgeTree機能イメージ

ENGLISH

コンテンツメニュー

03-6409-6966