サイト運用から顧客体験管理までCXM・CMSのHeartCoreシリーズ

サイトの管理・運用

ルーティンワークを促進、ムダを省いてミスを防止

ワークフローによる承認プロセス

HeartCoreでは、管理ユーザーのアクセス制限を使用したワークフローが設定できます。ワークフローの承認設定は無段階、無制限です。差し戻しや依頼者へのメール通知も自動配信でき、また特定の個人のみならず、特定のグループに対する依頼が可能です。

ワークフローによる承認プロセス

作成中は他のユーザーが編集できないようにブロックしたり、承認待ちの段階では関係者以外は全く閲覧できないように制限したり、公開者は公開以外のアクションを実行できないように設定したり、組織の運用体制に合わせてご利用いただけます。

カスタマイズ可能な管理インターフェース

HeartCoreの管理インターフェースは、所属部署や知識レベルなどユーザーの特性によって、表示されるメニューや項目をカスタマイズすることができます。

ダッシュボード
ワークスペースと呼ばれるいわゆるダッシュボードが用意されており、ログイン者に関連するコンテンツやログイン者のアクションが求められている項目のみが表示されます。リマインドの働きをすると同時に、対象のコンテンツにダイレクトにアクセスすることが可能となります。

スタートページ
ログイン直後に表示する管理セクションを、ユーザー毎に変更することが可能です。クリエイティブ担当者であれば、画像を扱うメディアセクションをスタートページに設定し、ストレスなく作業を始めることができます。

管理メニュー
初期状態では、利用可能な全てのセクションやメニューが表示されますが、ユーザーによって表示自体をなくすことが可能です。デザイン会社などの社外作業者が存在する場合や、部署別に担当作業を独立させたい場合に有効です。

      

各種データのエクスポート、インポート

HeartCoreでは、コンテンツデータベースに格納されたデータや、登録ユーザの情報を、編集可能な形式でファイルとして出力し、再度インポートすることが可能です。大量のデータ管理や他システムとの連携、バックアップ目的などに便利な機能です。

各種データのエクスポート、インポート

さらに、HeartCoreは動的CMSでありながら、ページを静的なHTMLとしてエクスポートできる機能が備わっています。デザインリニューアル時のリソースやバックアップファイルとしてご利用いただけます。

ENGLISH

コンテンツメニュー

03-6409-6966